柏・我孫子花火大会in手賀沼

 3年ぶりに復活となった「柏・我孫子花火大会in手賀沼」が昨日(8月3日)開催されました。幸いお天気にも恵まれ、今朝のNHKのニュースでは40万人の人出とか。


 以前は3か所で打ち上げられていましたが、今回は6か所で打ち上げられ、県内で最大級となる24,500発が打ち上げられ、夜空を飾りました。

 一市民として、来年も開催されますように。

0.手賀沼花火.gif


早朝のウオーキング中で

 早朝のウオーキングを初めてもう少しで2ヶ月になります。車では見過ごしている風景等、様々な事が発見できます。

 今朝は、アブラゼミの羽化しているのを見ることが出来ました。子供の頃の記憶ですとごく当たり前のことでしたが、社会人になってからは見るチャンスがないですね。

 セミの一生は産卵してから6年ぐらいで、羽化してから成虫になって通常で2〜3週間位、最長で約1ヶ月のようです。
0.セミ1.gif

羽化して暫く時間が経ったアブラゼミ
0.セミ2.gif

これらの写真もウオーキング中に先日見かけました。イソガニだと思いますが、飼われていて逃げ出したのでしょうかね。 住宅地の道路で
0.san.kani.gif

このムカデは頭部の毒爪に毒腺を持っているようです。生息場所は、大型のものは屋外の草むらや森林の落ち葉の下、朽木内、石垣の間などです。ただし、ゴキブリなどのエサを捕食するため、家屋内にも侵入することもあるそうです。我が家ではみたことがありませんが。
0.san.mukade.gif

へびも住宅地では最近めったに見ませんが田んぼや、山林にはいますね。シマヘビのようです。
0.san.shimahebi.gif

毎朝、同じコースを歩いていると、こちらの畑のナスがちょっと気になります。日毎に大きくなってますよ。
0.ナス1.gif


波除不動尊



 中峠外谷津公園の交差点から古利根に向かい、約300M程行くと「波除なみよけ不動尊」が奉られている。

 この不動尊は弘法大師が大谷石で造ったと云われ、不動尊の由来について昭和5年12月、中島庄太郎建立の由来書の碑があり、この由来書によると、江戸時代の寛永7年(1630年)利根川の出水により崩壊するこが多く、このため享保3年(1718年)にこの場所に安置した。

 その結果240余年の今日まで崩壊が無く不動尊の加護によるものであると記されている。

 尚、この由来書では中島庄太郎とは何処の人かは記されていない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
外谷津公園の交差点を入ると道標があります。ここへくるのに便利なのは天王台北口より、大和団地行きのバスが便利です。
0.波除不動尊1.gif

さらに進と駐車場があり、釣り人がよく止めてます。
0.波除不動尊2.gif

右側の山裾を行くと右側に不動尊があります。
0.波除不動尊3.gif

扉を開くと弘法大師が造ったと言われている不動尊が見ることが出来ます。
0.波除不動尊4.gif

祠からの古利根
0.波除不動尊6.gif

祠から下流に沿って道が続きます。
0.波除不動尊7.gif

ここより先は行けません。
0.波除不動尊8.gif

我孫子側にある取手市の小堀の渡し

 昨日は久々に、涼を求めて小堀(おおほり)の渡し船に乗りに行きましたが、暑さは強烈でした。

小堀にの渡しについて。 

 昔、取手付近の利根の流れは現在より南側に大きく蛇行していました。

 明治の末期、国は水害からこの地域を守るために流れを直線に変えるべく大改修工事を着工しました。

 利根の流れは様相を変え、新たに堤防も築かれ大正9年に完成しました。蛇行していたため
にそれまでは取手側に位置していた井野村小堀(おおほり)地区(現取手市小堀)は流れの南側へと分断されてしまいました。

 生活に不便をきたした小堀地区地区住民は、大正3年、新河道に通水された時から、自分たちの手で渡しを始めました。

 昭和42年、小堀の渡しは取手町営(現市営)になり、大正3年から90年以上経過する今日まで運行されてます。

 平成11年、小堀循環バスが運行を開始するまでは、小中学生の通学の足として住民の生活の足として活躍してまいりました。

 その後、小堀地区住民に限らず誰もが乗船できるようになりまた。
 
 平成13年からはは料金が設定され、1運行経路につき100円(往復200円)で乗船できます。

 近年、常磐線鉄橋下に国土交通省巡視船の桟橋ができたことに伴い、小堀の渡しもこの桟橋を利用し3点間を結ぶ渡しとして現在に至ってます。
  文、小堀の渡しパンフリットより

小堀地区からの渡し
小堀の渡し2.jpg

渡し場の近くにはボラの大群
小堀の渡し3.jpg

渡し船より常磐線方面
小堀の渡し4.jpg

船より取手の街
小堀の渡し5.jpg

ふれあい桟橋
小堀の渡し6.jpg
ここより又、小堀地区へ戻る

 船は、水曜日がお休みです。小堀地区からは午前9時30分より16時35分まで1時間毎に運行してます。


古戸の道標


 我孫子市古戸3番地に道標が置かれており、裏面には御成婚記念大正13年1月26日湖北村と刻まれている。

 この日は、昭和天皇が結婚された日で、お祝いに湖北村としてこの道標を造られたと思われる。

 正面には『正面中峠ヲ経テ我孫子松戸方面』左側面には『神出渡船場ヲ経テ茨城縣小文間方面』右側面には『古戸下新木ヲ経テ布佐方面』とある。


 現在、この道標がこの場所にあっても不思議ではありませんが、この道は昔からあまり重要な道だったとは思がたいのですけど、方向を表している内容には間違いがない。

 ただ、この場所近辺には家はないので、ある意味必要だったのか知れません。

 又、あえて天皇の結婚記念としてこの道標が造られたのは天皇崇拝という、国民的な気持ちが強かったのでしょうね。

0.douhyo1.gif

正面
0.douhyo2.gif
左側面
0.douhyo3.gif
右側面
0.douhyo4.gif
裏面
0.douhyo5.gif


梅の実

 毎朝、ウオーキングをはじめて、もう少しで1ヶ月になります。


 毎日同じコース「手賀沼コース」ですと、風景に代わり映えが無いので、一昨日よりコース「利根川コース」を変えてみました。
 
 普段は車での移動ばかりなので、細かな地域の様子は分かりませんが歩きですと、こんなものがあったのかとかで再認識できますね。

 
いろいろとご紹介したい事が沢山ありますが、今は梅の収穫時期ですね。我が家にも老木の梅の木が1本あり、梅干し造りの漬け込みが終わりました。

 今日の内容は梅干しや、梅酒が好きな人が見たら、もったいないと思われるでしょうね。下手な文章より写真をご覧下さい。


鈴なりに実っている梅
0.ume3.gif

この木の下はご覧の通り、収穫してません
0.ume2.gif

こちらのお宅のも
0.ume1.gif

もったいないですね。


高野山桃山公園

  市内高野山桃山公園は、手賀沼を見下ろす高台と、傾斜地を利用した階段を下りると湧水を利用したビオトープがあります。

 このビオトーブの両側には紫陽花が綺麗にさいており、エビガニやオタマジャクシがよく見えます。

 駐車場がありますので、休日に子ども連れでお出かけになられてはいかがでしょうか。

交通:JR常磐線 天王台駅 徒歩 約15分


この湧水でビオトープが潤ってます。〔飲料水ではありません〕
0.mooama1.jpg
両側に綺麗に咲いてる紫陽花
0.mooama2.jpg
エビガニの子ども。分かりますか
0.mooama3.jpg

0.mooama5.jpg

0.mooama4.jpg

サンゴジュ

 天候が梅雨のため消毒にはむきませんが、当社で管理をしている賃貸マンションの庭木に害虫が発生しており何種類かの樹木が植えられていますが、1種類の木だけが大分やられました。

 他の木には椿の葉に若干のケムシいた程度で、たいしたことは無かったのですが、サンゴジュ(珊瑚樹)の木が見事にやられてしまいました。

 毎年、5月頃消毒を行うのですが、ちょっと手遅れでした。

このハムシは初めて見ましたが、害虫の名は「サンゴジュハムシ」と分かりました。人への被害はなさそうです。


 オルトランとスミチオンをまぜて散布し、見事に全滅しました。


食い散らかされたサンゴジュ

0.sangojyu.1.gif
元気なサンゴジュの葉
0.sangojyu.2.gif
死滅したサンゴジュハムシ
0.sangojyu.hamushi.1.gif
0.sangojyu.hamushi.2.gif


あじさいの花

 何日か前、NHK朝の番組で今沢山咲き出している、「あじさいの花」についてのテーマがあり、普段私たちが花と思っている部分は、実は4枚の花びらに見えるのはガク弁(装飾花)だそうです。

 気象庁ではさくらの開花発表がありますが、あじさいの花の開花発表もガクの中心部にある小さな真花の部分で、この真花が確認出来ると開花発表するそうです。

 ガク弁を開いてみないと分かりません。


 早速確認しましたのでご覧下さい。

0.あじさい1.jpg
真ん中の部分が花(真花)です。

0.あじさい2.jpg


増田さんの梨園

 昨日は中里七福神を紹介致しましたが、お隣の梨園の紹介です。梨の種類は幸水で樹齢は約40年位だそうです。

 4月中旬に人工授粉をさせますが、この作業も大変です。

 又、平成12年5月に発生した雹被害で、未だに梨の木に影響があり収穫も減少したそうです。


 商品にするまでは、色々とご苦労がありますね。


 収穫は丁度旧盆の8月中旬頃で、増田さん宅では市場等に出荷せず、自宅でだけの販売で売れてしまいます。

0.nashi1.gif
後方に見える細い木は、雹被害で植え替えたもので、やっと収穫出来るようになったそうです。

0.nashi2.gif
実が直径2儖未任靴腓Δ。今朝雨が降り、葉や実が濡れてますね。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM