中峠上区芸能大会

0.nakabbyo-geino2.jpg
右側 中村区長さんの挨拶


 恒例となってる中峠上区(自治会を区という)の第29回芸能大会が、中峠上集会所で昨日午後6時より8時30分迄盛大に行われました。


 模擬店も開かれお祭りさわぎのようです。他地区からも芸達者な方々も出演されて、会場は大勢の見学者でいっぱいでした。


 私が子供の頃は中峠地区では毎年7月に神輿もでてお祭りがあつたのですが、けが人が出たり現356号線の交通問題等がありお祭りは中止となった。その後は「祭同好会」が出来て湖北駅北口をメインとして毎年行われ、この芸能大会も昔からのお祭りの流れで行われるようになった。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.nakabbyo-geino3.jpg
模擬店も出店
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.nakabbyo-geino4.jpg
大分気合いが入ってます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.nakabbyo-geino1.jpg
子供達はラムネ飲み競争
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.nakabbyo-geino7.jpg
皆さん大熱唱
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.nakabbyo-geino6.jpg

第4回旧村川別荘「竹灯籠の夕べ」


市内寿2丁目にある旧村川別荘にて、第4回目となる「竹灯籠の夕べ」が今年も昨日と今日の午後6時から9時まで行われます。


この邸内では沢山の竹灯籠にロウソクの火が灯され、暑さを忘れる一時を感じさせてくれる。


 灯りの灯された雰囲気の中、今年も鈴木鈴子さんによるコカリナと橋本実さんによるギターのなま演奏が一段と雰囲気を盛りあげてくれました。


 今日は雅楽寿会(うたじゅかい)の皆さんによる大正琴の生演奏が楽しめます。


 夕べの一時是非お出かけになられては如何でしょうか。


 旧村川別荘についてはここをクリックしてして下さい。

「竹灯篭の夕べ」3.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
01.「竹灯篭の夕べ」2.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.1「竹灯篭の夕べ」1.jpg
鈴木さんと橋本さん


我孫子手賀沼花火大会

0.花火素材.gif

昨日永年開催されていた手賀沼花火大会が2年ぶりに柏市と協同企画にて開催されました。


 2年ぶりの再開ということで我孫子市では広く市民や関係機関に呼びかけ協賛金のお願いを市を上げて行って来ました。結果、本年は開催することが実現されました。


 打ち上げ場所はは我孫子会場・柏第1会場・柏第2会場の3カ所にて13,500発が打ち上げられまた。


 『花火はの歴史は1733年(享保18年)、前年の大飢餓とコレラの大流行による、悪霊退散祈願のため8代将軍吉宗は「施餓鬼」を催し大川端で花火を打ち上げた。これが世に言う両国の花火である。川開きは納涼期間の始まりの日という意味である。その後中断を狭みながらも続いてきたが、1961年(昭和36)年を最後に交通渋滞、建物の密集、川の汚染などを理由に中止が決まった。中止を惜しむファンの声に押されて復活したのは1978(昭和53)年の事だった。』

この項蠍義弔犂欟眠鮎勝煙火店HPより引用

 

 私もここ数年写真に興味を持ち、花火の写真は何度か撮影しましたが、なかなか思うよな写真は撮れません。


 懇意にして頂いている市内住在の方に指導を受け、もう少しましな写真が撮ればと思っております。


 昨日の撮影場所は風向きに配慮し、旧沼南町(現柏市)方面より撮影いたしましたが、打ち上げ順番の把握が出来ておらず、苦慮いたしました。来年は是非とも事前に調査し、撮影方法を研究したいと思います。当社HPにも近々掲載したいと考えておりますが、とりあえずブログにて若干紹介させて頂きます。
-------------------------------------------------------
001.花火3.jpg
------------------------------------------------------------------
001.花火1.jpg
-----------------------------------------------------------------
001.花火4.jpg
--------------------------------------------------------------
001.花火2.jpg
----------------------------------------------------------------
001.花火5jpg.jpg


押し花絵展

00押し花絵展1.jpg

アビスタ1階のホールにて押し花絵(華)展が開かれております。展示されている作品はとても綺麗にできており、我々がよく小学校時代夏休みの宿題で押し花を造りましたが、展示品のように色は出ず、茶色っぽくなってしまったように記憶しております。


 この世界の事はよく分かりませんが、きっと花の色を残す専門的な方法があるのでしょうね。なかなか根気がいるものなのでしょうか。?


 この押し花絵展は今月の22日迄でだそうです。最終日は展示時間が早く終了するそうです。
00押し花絵展2.jpg
作品を出展された方々でしょうか。(ガイドの方が居られないので想像ですみせん)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00押し花絵展3.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00押し花絵展4.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00押し花絵展5.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00押し花絵展6.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00押し花絵展7.jpg
それぞれ作品にタイトルがあるのですが、メモしてきませんでした。


“社会を明るくする運動” 講演会・ビデオ上映会

00社会を明るくする運動1..jpg
大住 広人氏
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

社会を明るくする運動」と題し、昨日アビスタに於いて午後1:30より講師の大住 広人さんを招いての講演が行われた。
00社会を明るくする運動2..jpg
左 星野市長          右 澤支部長

 開会に先立ち星野市長より主催者としての挨拶、また、澤支部長より法務大臣よりのメッセージの代読がありまた。


 講演内容は、地域社会における犯罪や非行についてであるが、インドのマガタ国のアジャセ王子の例をあげて、犯罪を犯したことについての解説された。
 
アジャセの行った行為は、父である王を牢屋に閉じ込め王位を簒奪しようとします。 直接処刑すると 王になってから 民衆に非難されることになると考え、食事を与えず、餓死するように仕向けたのでした。自分の行った罪について深く反省し、涅槃に入る老人をたずね教えを受ける。


 何時の時代でも、善と悪は存在し人間はあたかも正義として戦い続けてきた。憎しみや、反目、虐待、殺人、戦争、それらは、相手に対する無知や憎しみ、自己中心的な無明から起こっている。善と悪の二元的対立の中で、人間はどのような心の安らぎを求めていけばよいのであろうか。
 
鍋島直樹(龍谷大学法学部教授の提出論文「悪人の救い−アジャセ王の救いの物語」一部引用


本題に入り、一度罪を犯してしまうと更正出来る人と出来なくて再犯を繰り返す人のどちらかであるが、更正をするうえに於いては「地域社会の協力」が必要である。個人的な意見は避けるが、配布された資料にて

地域社会の現状』についての認識を引用させていただきます。

 

       家庭・学校における教育機能の低下

       社会の規範意識の希薄化

       地域社会の連帯機能の低下

     多くの方々の理解と協力

     関係機関・団体の組織を越えた連携(精神性期待)

地域社会に根ざし、広く地域社会の理解と共感を得られる活動を展開する

 

求められる『新たな視点』

     性善説で未来開けるか→本来人間は善人か?(宗教の世界) 本来の地域社会は犯罪も非行もないのか?

     犯罪・非行は天から降ってくる・地から沸くのか

それとも人さのもの・地域そのものに原因があるのか?(芽)

異端・異物から見た『地域社会』とは、どんな存在?

 →復帰したい社会なのか、復帰したくない社会なのか?

→ひとりよがり・身勝手ですまさるれか。

 である。

 
 続いて犯罪を犯してしまう少年のビデオ上映(心のリレー)が行われ、如何に更正していくかを問う内容でありました。

 
  大住 広人(おおすみ ひろんど)さんのプロフィール

  1937年、北海道生まれ。 東京都立大学卒業

  1961年、毎日新聞社に入り、1992年退職

  写真部、社会部、読者質委員、編集委員、紙面審査委員

  著書 「あるつはいまあ十景」他多数あり


主 催:“社会を明るくする運動”我孫子市実施委員会


構成団体:柏地区保護司会我孫子支部、
       東葛飾地区更正保護女性会我
孫子、
        我孫子市社会福祉協議会、我孫子市民生委員会、      

       我
孫子警察署、我孫子市青少年相談員連絡協議会、
        我孫子市青少年指導連絡協議会

       我孫子地区BBS会、我孫子市、
        我孫子市教育委員会



ライトダウンin我孫子2010

01ライトダウン1.jpg

 
 地球環境温暖化防止の組織として環境省では、ライトアップ施設の電気の消灯を呼びかける「CO2」削減/ライトダウンキャンペーンを今月7日まで実施する。


 これに合わせ昨日、けやきプラザ前広場にて「ライトダウンin我孫子2010」が午後5時より開催された。

 
これには、市民の関係者がイベントととして、音楽の演奏や踊りが披露されたました。ろうそくを灯す竹灯篭は時間の都合上見ることが出来ず大変残念でした。近々、市のホームページにて紹介される?そうですのでご覧になって下さい
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−01ライトダウン1.2.jpg

我孫子駅南口広場に置かれた灯篭

文字は 暗 夜 灯 路と記されている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−01ライトダウン2.jpg

ウエスタンの曲や懐かしいメロディーを聞かせてくれました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
01ライトダウン3.jpg

出番を待つ踊り子の方々。浴衣の模様は河童が絵がかれています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
01ライトダウン4.jpg
ハァワイアンを踊るみなさん。早く出番がこないかねー

ごっこひろば

00ごっこひろば.jpg

柴崎台中央公園で未就学児を対象とした、「ごっこひろば」が午前10時より11時30分まで民生委員さんの方々の協力のもと行われました。


若いパパさんママさんが子供を連れて楽しくすごされていました。小さい子供さんって可愛いですよね。試験や勉強がなかったらもう一度子供に戻りたいものです。


ボールごっこやシャボン玉ごっこ等々、よちよちあるきの子供さんたちは一生懸命夢中で遊ぶ姿はちょっと一人前気分。・・・・
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00ごっこひろば1.jpg
みごとにできたシャボンだま
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00ごっこひろば4.jpg
若いパパとママ・・・・すべりだいごっこ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00ごっこひろば2.jpg
小さな子にまじって小学生もダンボールのトンネルごっこ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00ごっこひろば3.jpg
こちらは、ボールごっこでーす。


アロハフェスタinアビコ2010

00アロハフェスタ1.jpg

昨年ファイナルを遂げたアロファフェスタが、昨日、40周年記念行事として、手賀沼公園にて「アロハフェスタinアビコ 2010」が晴天のなかで盛大に行われました。

 
 会場はフラダンサーの人や見物人で熱気ムンムン・南国ムード満点。
 
 子供のグループも参加し、写真を撮るお父さん・お母さん一生懸命シンケンです。

 

内容は下記


 ●オープニングフラ 「茨城ゴールデンゴールズHulaチーム」


 ●メレフラタイム  「永野亜紀さん(南国楽団主宰)」 


 ●Hulaステージ 市内外のフラダンサー58チーム 


 ●永野亜紀さんによるウクレレ教室


 ●ハワイアン関係ショップ24店舗、飲食店12店舗

 
●抽選でハワイ旅行10万円のほか、素敵なハワイアングッズなどが20名に当たります。

00アロハフェスタ2.jpg
-------------------------------------------------------------00アロハフェスタ3.jpg
-------------------------------------------------------------00アロハフェスタ4.jpg グッズ売り場も大盛況
-------------------------------------------------------------
00アロハフェスタ5.jpg 炎天下、手賀花火大会の向けての募金活動ご苦労様です。

27回あびこあやめまつり

27回あびこあやめまつり

第27回あびこあやめまつりが今日、5日より20日(日)迄行われております。

花は未だ満開ではありませんが、1週間後頃見頃になるのでは。

このあやめまつりのイベントは手賀沼公園と水生植物園の2カ所でカラオケ大会・大正琴演奏・ハワイアンダンス等々が行われます。イベント会場の2カ所間は遊覧船が運航しており片道200円で乗船できます。沼から見る風景もなかなかですよ。
27回あびこあやめまつり
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
27回あびこあやめまつり
水生植物園で行われた林奏楽会の皆さんによる大正琴の演奏
27回あびこあやめまつり
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
27回あびこあやめまつり


手賀沼ふるさと祭

01手賀沼ふるさと祭1.2.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
01手賀沼ふるさと祭4.jpg

手賀沼フィッシングセンターにて、昨日と今日の2日間「手賀沼ふるさと祭り」が開催されました。今日の午後見物に行って来ました。

 ふと帰りたくなる・・・そんな町を目指して!
 『柏・我孫子にある中小企業をもっとよく知りたいよね・・・・』そんな声に換起され、地元の経営者たちが今、立ち上がる。を掲げをテーマに

 
 会場内は家族づれの人達で賑わっておりました。地元の新鮮野菜やカレー、唐揚げ、手打ちそば、焼きそば、焼き鳥などの模擬店が数多く出店しており、また、木工教室や子供向けパソコン知育ゲームなど幸い天気も崩れず良いイベントでした。

主催/手賀沼ふるさと祭り実行委員会
共催/手賀沼漁業協同組合
後援/柏市・我孫子市
01手賀沼ふるさと祭1.jpg

1時15分より柏市内で農業をされている小川さんの講演があり、聴講させて頂きました。小川さんは現在35歳、大学卒業後2年間農機具の販売会社に勤務しその後、農業というものを真剣に考え現在は、作物の生産についての様々な取り組みをされており特に農薬・肥料・FI(品種改良)・遺伝子組換等について問題点等を研究されいるそうです。また、子供の頃から好きな虫で、如何に農薬を使わずに良い野菜ができるのか、或いは農産物の流通に関しての問題点等を模索したり、農業者間での交流により良い作物作りをしていくかに取り組まれているそうです。

約1時間ほどのお話ですが、大変参考になりました。
01手賀沼ふるさと祭3.jpg
白井太鼓倶楽部のみなさん。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM