<< 古戸の道標 | main | 波除不動尊 >>

我孫子側にある取手市の小堀の渡し

 昨日は久々に、涼を求めて小堀(おおほり)の渡し船に乗りに行きましたが、暑さは強烈でした。

小堀にの渡しについて。 

 昔、取手付近の利根の流れは現在より南側に大きく蛇行していました。

 明治の末期、国は水害からこの地域を守るために流れを直線に変えるべく大改修工事を着工しました。

 利根の流れは様相を変え、新たに堤防も築かれ大正9年に完成しました。蛇行していたため
にそれまでは取手側に位置していた井野村小堀(おおほり)地区(現取手市小堀)は流れの南側へと分断されてしまいました。

 生活に不便をきたした小堀地区地区住民は、大正3年、新河道に通水された時から、自分たちの手で渡しを始めました。

 昭和42年、小堀の渡しは取手町営(現市営)になり、大正3年から90年以上経過する今日まで運行されてます。

 平成11年、小堀循環バスが運行を開始するまでは、小中学生の通学の足として住民の生活の足として活躍してまいりました。

 その後、小堀地区住民に限らず誰もが乗船できるようになりまた。
 
 平成13年からはは料金が設定され、1運行経路につき100円(往復200円)で乗船できます。

 近年、常磐線鉄橋下に国土交通省巡視船の桟橋ができたことに伴い、小堀の渡しもこの桟橋を利用し3点間を結ぶ渡しとして現在に至ってます。
  文、小堀の渡しパンフリットより

小堀地区からの渡し
小堀の渡し2.jpg

渡し場の近くにはボラの大群
小堀の渡し3.jpg

渡し船より常磐線方面
小堀の渡し4.jpg

船より取手の街
小堀の渡し5.jpg

ふれあい桟橋
小堀の渡し6.jpg
ここより又、小堀地区へ戻る

 船は、水曜日がお休みです。小堀地区からは午前9時30分より16時35分まで1時間毎に運行してます。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM