<< 日秀市営農園 | main | 珍しい植物 >>

新木 真栄寺 

 毎日、午前6時と午後6時になると寺の鐘の音が聞こえる。

 この鐘の源は市内、新木3128番地にある浄土真宗西本願寺派致孝山真栄寺で、毎日朝夕12回、鐘を打ちます.
人間の苦しみや悩みはどうしておこるのか。苦しみの根本原因と、苦しみの生起してくる過程を【12因縁】として説かれていることから12回鐘を打つそうです。

 この数は寺によっても異なる様です。


 今朝、私も2回打たせてもらいました。鐘を打ちたい人には誰でも良いそうです。誕生日とかお祝い事があった時などよく来られるそうです。但し、朝夕の2回の時限定です。

 鐘を今打っている人は、現在住職でなく、近所に住まわれている男性の方で、信徒でも無いそうですが6年やっているとの事。

 また、浄土真宗の寺は市内ではここだけです。本堂は平成元年に建立、鐘楼にかかる鐘は平成3年9月14日と刻まれているが梵鐘は平成5年に建立されました。

この寺にも墓地があるが、墓石をみると江戸中期以降にこの墓地ができたようですがそれ以前の証拠となる墓石は文字が読めず分かりません。

 この寺ができる迄は、何処の寺の管理だったか分かりません。

0.真栄寺11.gif

真栄寺鐘楼.gif
鐘楼

真栄寺句碑1.gif
梵鐘の隣に、金子兜太(とうた)自筆の句碑があります。金子さんと 住職と懇意にされておられるそうです。

0.真栄寺.gif
句碑の説明文

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM