<< 竹灯籠の夕べ | main | 第9回湖北台サンバ >>

我孫子 竹内神社祭礼

  9月15〜17日の3日間、震災のため2年ぶりに再開された竹内神社祭礼の最終日の模様をお伝えいたします。

 竹内神社は市内布佐1220番地にあり、祭神は天之迦(あまのか)具土(ぐつち)(のみこと)相殿は日本武尊 竹内宿祢(たけうちのすくね) 創始は承平年中(931−8)といわれ武内大明神を奉斎したと伝える。


 古記録の類が安政6年(1839)の名主方の火災で失われたために不明であるが、別に「由来記」一巻がある。中略 森田左右衛門かかわる白蛇出現の伝承というのがあり、左右衛門(多右衛門と記すものもあるが)宮昨台の畑で麦の刈り取りをしていたところに、にわかに雷雨となっため、刈り取った麦を積み上げて置いて帰り、翌日行ってみると、一夜にして竹の子が生え、白蛇がとぐろを巻いていてとり入れができない。これは、たたごとではないとて、行者が愛宕神社に祈ったところ、「武内神社を此の地に移せ」との神託があって、さっそく遷座し、社名も武内神社と改めたというのである。


 『相馬霊場案内』には「武内神社宮昨と称する処に鎮座してある、祭神天迦具土命にして、文禄2年の創建にかゝりしものであといふ、毎年例祭9月14、5,6日の
3日間を以て、之を行ひ、郷社なるのを故を以て、県より神饌弊帛料の献進がある」と記されている。

このことにより、現在行われている行われている例祭の日がきまったのであろうか。


 当社には、当社には鼻の欠けた天狗面もあり、その面表に「天保乙未(1835)4月祥日、細工人形山林哲」墨書きされている。当社の旧御輿は享保21年(1736)に調達したといわれ、さかんな御輿の巡行がおこなわれてきた。その先導役の猿田彦の仮面の旧物である。猿田彦(サルタヒコ)は、日本神話に登場する神導きの神様の代表格。鼻が異様に長く、サルのような面持ちであったようで天狗のような顔をしていたようだ。


 当社の祭礼では天狗のお面を被った猿田彦が未だ先導役を担っている。

 今年の当番は3丁目で、祭りを仕切るのは全て当番町が行い、神輿は当番町が担ぎます。

             文章中 我孫子市史 民族・文化財篇より引用
竹内神社祭礼2012.1−1.jpg
御輿はお祭り期間中は役員が泊まりで管理するそです。
竹内神社祭礼2012.1−2.jpg
氏子代表のご挨拶
竹内神社祭礼2012.1−3.jpg
星野我孫子市長が挨拶  日曜日でもご苦労様です。
竹内神社祭礼2012.1−4.jpg
宮司が祭りの始まりの儀式を行う
竹内神社祭礼2012.1−5.jpg
祭りの安全祈願
竹内神社祭礼2012.1−6.jpg
玉串奉納
竹内神社祭礼2012.1−7jpg.jpg
お清めを参加者に−−−中央のカメラマンは千葉テレビの方だそうです。29日放映予定
竹内神社祭礼2012.1−8jpg.jpg
飛び入りの園児によるソーラン踊り。ふさだだしお君も登場
竹内神社祭礼2012.1−10.jpg
天狗の面を付けた猿田彦。暑い中ご苦労様です。
竹内神社祭礼2012.1−9jpg.jpg
子供御輿が先頭で町中を練り歩きます。
竹内神社祭礼2012.1−11.jpg
高張り提灯を先頭に御神輿−−山車と続く
竹内神社祭礼2012.1−12.jpg
四人の巫女さんも行列に
竹内神社祭礼2012.1−13.jpg
お母さん達も熱心に
竹内神社祭礼2012.1−14.jpg
町内を練り歩きます。
                    夕方6時頃からメインの夜の部開始
竹内神社祭礼2012.2−1.jpg
町内を廻り、スーパーナリタヤの駐車場に神輿や山車が集まり大イベント開始
1番目に入場は2丁目の山車
竹内神社祭礼2012.2−2.jpg
今年当番役の3丁目の山車−−準備に大変です。ご苦労様
竹内神社祭礼2012.2−3.jpg次に大和町
竹内神社祭礼2012.2−4.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
竹内神社祭礼2012.2−5.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
竹内神社祭礼2012.2−6.jpg
5台の山車が勢揃い
竹内神社祭礼2012.2−7.jpg
山車どうしとのご挨拶?
竹内神社祭礼2012.2−8.jpg
高張提灯を先頭に神輿が到着
竹内神社祭礼2012.2−9.jpg
山車と神輿の競演(専門語解りません)?
竹内神社祭礼2012.2−10.jpg
花火の合図で神社へ向かいます。先頭は猿田彦(夜の部は履物が草履に変わる)
竹内神社祭礼2012.2−11.jpg
その後に神輿が練り歩く
竹内神社祭礼2012.2−15.jpg
356号よりの神社入り口前で、戻りたくない神輿はこの場所で暫くのもみあい
竹内神社祭礼2012.2−16.jpg
やっと参道へと向かう
竹内神社祭礼2012.2−17.jpg
急な階段を上り、神社へとすすむ
竹内神社祭礼2012.2−18.jpg
この階段が男気のみせどころだそうです。大変大変
竹内神社祭礼2012.2−19.jpg
神社へ到着 
竹内神社祭礼2012.2−20.jpg
境内には当番役の3丁目の山車が待機、ここで山車と神輿のクライマックス
夜10近く3日間続いた祭りも終了。当番役の3丁目方々や関係者の皆様お疲れ様でした。


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM