<< 子之神道標 | main | 雪の中での露天風呂 >>

不動産動向

不動産動向
09年首都圏中古マンション成約3万件越

東日本不動産流通機構(東日本レインズ、池田行雄理事長)がまとめた「首都圏不動産流通市場の動向(2009)」によると、中古マンションの成約件数は2年連続で前年を上回り、過去最多となった。

それによると、09年の首都圏中古マンション成約件数は3万1183件(前年比8.5%増)でこれまで最多だった06年(2万9378件)上回り、初めて3万件を突破した。08年は前年比0.9%だったが09年はこれを大幅に上回る増加率を記録した。

都県・地域別でもすべてのエリアで増加(前年比4.6〜12.8%増)した。

一方、成約物件価格は平均2491万(前年比4.3%下落)、1屬△燭蠱渦舛錬械掘Γ沓桂円(同5.3%下落)で共に7年ぶりに前年を下回った。価格、単価ともすべての都県・地域で下落した。

価格帯別では3000万円未満の比率が拡大(67・0%から69・2%に)したのに対し、3000万円以上7000万円未満の比率が縮小(31・1%から28・9%に)し低価格物件に取引がシフトする傾向も見られた。平均面積は65・96屐∧振冀枅数は17・17年だった。

このほか、中古戸建ては成約件数が1万509件(前年比11・3%増)で3年ぶりに前年を上回ったが、平均成約価格は2988万円(同6・8%下落)と3000万円を割り込んだ。

新築戸建ては成約件数3766件で前年比2・5%増となったが、平均成約価格は3565万円(前年比7・8%下落)に下がった。

土地(100〜200屐砲眄約件数は4824件(前年比31・4%)で03年(4756件)を上回って過去最多となった。成約物件の平均価格は2935万円(前年比5・6%下落)、1崔渦舛錬横亜Γ坑極円(同3・7%下落)だった。
     平成22年2月2日号 住宅新報より


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM