<< 我が家の庭の霜柱 | main | 12月31日月の出 >>

手賀沼ができるまで

手賀沼ができるまで
 関東地方は約1万年から5,000年前には、現在の手賀沼はもちろん、大堀川や大津川の流れる低地の大部分は海であった。地球全体が寒冷化すると氷河ができるため海面が下がって陸地があらわれる(海退)。逆に温暖化すると氷河がとけて、海面が上がる(海進)。1万〜5,000年前の地球は温暖化の時代であった。
 
 図のように、下総台地・房総半島をはさんで、現在の鹿島から霞ヶ浦、利根川にかけての広い湾入部があった。もう一つは東京湾がより深く切れ込んでいた。これを縄文海進といい、海面の最高は、8,000年前であった。現在の台地のへりに縄文人が住み、陸で狩猟し海から魚や貝を採ってくらした。各地に貝塚が見られる。現在の霞ヶ浦(香取海)の湾入として手賀沼や印旛沼があった。
〜中略
 
 さらに手賀沼をみるとき、関東平野が埼玉県加須市、栗橋町付近を中心に低下が続き、銚子・房総半島南部、三浦半島南部、三浦半島など周辺部の地盤が上昇する(関東大震災のような大地震では顕著)関東造盆地運動からみる必要もあろう。千葉や佐倉付近で30メートルである下総台地の高さが、手賀沼周辺で20〜25メートル、利根運河の北では17メートルほどになる。いわば利根川の排水は中流の栗橋、関宿で地盤が下がり、下流の銚子方面で上昇するため悪くなった。利根川からあふれた水は、手賀沼に逆流し、手賀沼は利根川の遊水池ともなった。

 そのため、木下付近で利根川の砂が手賀沼に向かって堆積し、次第に入口がふさがっていった。手賀沼の東部は利根川の砂の堆積と関東造盆地運動で地盤がわずかつづり上がり、沼化が進んでいく。印西町(現印西市)発作や我孫子市布佐は利根川の洪水が手賀沼に流れることでできた逆三角州で、手賀沼が浅くなった所である。
 相原正義著 手賀沼100話 転写引用

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM