<< 孫の家のイルミネーション | main | 岡発戸・谷津のアオサギ >>

手賀沼ができるまで

手賀沼ができるまで
手賀沼ができるまで
 
 手賀沼はいつごろどのようにしてできたのだろうか。台地の上から見通すと、いずれもほぼ同じ高さであることに気づく。25,000分の1や5万分の1の地形図をみると、これらの台地の高さは20〜25メートルである。沼をとりまく台地は下総台地と呼ばれる。
 
 遠い昔、この下総台地も海の底であった。北に筑波山、東に銚子の島、南に島 (房総島という)があった。そして西には三浦半島から榛名山、赤城山にいたる関東の陸地が広がっていた。房総の島から鹿島に至る海は古東京湾とよばれた。
 
 古東京湾は80万年ほどまえから序々に沈降して海となった。海となると関東の山地から流れくる鬼怒川、利根川、多摩川などの川は多量の土砂を海に運んできた。その土砂が海底に厚く堆積していった。こうしてできた地層は砂礫の多い成田層とよばれる。我孫子や沼南(現柏市)など手賀沼の周辺の崖に見る砂礫の成田層は、遠く群馬や秩父の山々から古東京湾に流れてきた土砂が、海流によって運ばれて堆積し、下総台地の基礎になったと考えられている。
 
 20万年ほど前になると古東京湾は隆起をはじめ、やがて陸地となった。そのころ古箱根を中心に火山活動が活発となり、噴き上げられた火山灰は偏西風によって運ばれ、成田層の上に積もった。この火山灰は下末吉ロームと呼ばれる。15万年から2万年ほど前には、古富士、古箱根火山が続いた。下末吉ロームの上に堆積した。この火山灰を武蔵ロームという。
 
 海底が隆起したばかりの台地はほぼ平らな土地であったが、やがてあちこちが風雨に浸食されて谷ができた。その谷も次第に大きくなって川ができてくる。手賀沼に注ぐ大堀川や大津川も谷が発達してできていった。台地のあちこちに土地の亀裂である断層も入って、台地も変化していった。手賀沼の少なくとも柏、我孫子に囲まれた西部は大堀川や大津川が台地をけずった所であり、いくつかの断層も加わって、台地をけずった所であり、いくつかの断層も加わって、台地の中の袋状の凹地ができていった。沼南町(現柏市)大井と我孫子市白山の低地(沼も含む)は1辧下にあたる手賀と湖北台間は1.5劼斑底が広がっている。次回△紡海

手賀沼100話(相原正義著)より引用転写

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM