こぶしと木蓮

 少し時期はずれとなりましたが、桜とは違った味わいを持つ花。

こぶし」と「木蓮」です。


 市内には庭木として植えているものや、山林に自然に生えたと思われるのはこぶしが多い。


 木蓮には白木蓮と紫木蓮がありますが、市内では白木蓮が多く見られる。


 これからはいよいよ桜の時期、震災や原発事故で大変ですが頑張りましょう。

こぶし
0.こぶし1.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.こぶし2.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.こぶし3.jpg
木蓮
0.木蓮.jpg
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0.木蓮2.jpg


スイセン

 

 毎日乾燥した日々が続いてます。銚子地方気象台によりますと、今年になってからの降水量は我孫子市内では2だそうです。

 

 ちなみに、千葉市では5个琶振僂任53.9个脳ない時期としも大分少ないです。空気が乾燥ていると風邪やインフルエンザが流行し小学校等では学級閉鎖をしている学校もあるとか。

 

 私も昨日来風邪気味ですが、寝込まず頑張っております。たいした効果は期待できませんが庭に水を撒きました。土はからからに乾燥してます。

 

 そんななかで水仙の花が元気よく何輪も咲いてます。たっぷりと水をかけてやりました。

 

水仙の種類も結構あるようですが我が家の水仙の名は分かりません。

 

原産地は地中海沿岸で古い時代に渡来しし野生化した。スイセンという名は中国での呼び名「水仙」を音読した物。水辺で咲くスイセンの姿を仙人に喩えたと言われ、花言葉は「うぬぼれ・我欲・自己愛・神秘」などのようです。

下線部分はhttp://hanahana.livedoor.biz/archives/53500427.htmlより引用
水仙


紫陽花

00紫陽花1-1.jpg

そろそろ梅雨に入る時期、紫陽花の花便りが届いてきました。


 今日は、何時も仕事でお世話になっているお宅の庭に咲く紫陽花を頂いて来ました。


 早速、自己中野流派にて花瓶に挿しました。実際の花はもっと綺麗なのですが、撮影技術がイマイチなのでなかなか上手くいきまん?。


 アジサイの種類は沢山あり、又、土のPHにより色合いが変わるようです。

 この近辺では北小金にある本土寺のアジサイがよく知られておりますね。

千両の実

千両の実
 月日の流れは速いもので12月も今日は8日です。当社は第2・3火曜日は定休日ですのでちょっと早めですが、暮れの大掃除を兼ねて庭木の手入れをしました。
 我が家の庭は猫の額のようなものですが、母が生前から大事にしていた千両・万両の木が鮮やかに赤く実っており冬の庭を暖かく感じさせてくれます。
 千両・万両の他に一両・十両・百両の木もあるそうですが、目にした事はありません。
ちょっと見ると見分けが出来ませんが、千両は葉の上に実があり、万両は葉の下側に実があるんです。
 辞典で調べてみましたが千両は縁起ものとして正月の飾りに欠かせないもののようですが、万両については縁起ものとしての記述は見あたりませんでした。
 千両の実は上に実を付けるのからでしょうかね。?

万両の実

万両の実、白
赤くならない万両の実

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM