あびこ古民家住宅新築

古民家住宅
 我孫子市内のIさん宅古民家工房という工務店さんが、昔ながらの工法で家を建てております。
 現代の建材は新建材が多いですが、新建材はシックハウスの原因になると言われております。
 昔の家は、すべて自然の素材でつくられていますから、そんな心配は一切ありません。新建材の家は何年も使うと汚く朽ちますが、天然材の家は使えば使い込むほど味わい深い雰囲気がでます。
 基礎は最近ではとても珍しい『石場建て』という工法が用いられております。又、壁は木舞の下地です。小舞屋さんという職業は、昔はたくさんいたて、我が家も木舞の下地で漆喰が塗られた壁です。
 今は、石膏ボード下地がほとんどですので、我孫子近辺では専業の方はいないかもしれません。Iさん宅の家では、三重県から、専業の小舞屋さんに来ておられました。さすがに手早く、綺麗な仕事をしております。これが終ると、いよいよ土壁を付ける工程に入ります。
 今後も進行状況を取材させて頂く予定です。

あびこ古民家住宅新築

古民家住宅
大変めずらしい基礎の石場建て

あびこ古民家住宅新築

古民家住宅
風通しの良い床下

あびこ古民家住宅新築

古民家住宅
太い角材を用いた床組

あびこ古民家住宅新築

古民家住宅
床組

あびこ古民家住宅新築

古民家住宅
太い丸太を使用した小屋組

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM