血脇守之助の顕彰碑

血脇守之助の碑
血脇守之助は我孫子の加藤家に生まれた。長じて血脇家を継ぎ、歯科
医を志して東京の高山歯科院に学ぶ。
 将来の歯科独立と発展を思い、北京に開業したこともある。
 明治23年(1980)、東京歯科医学専門学校へと大きく発展させ
た。東京歯科大学の前身である。
 守之助の顕彰碑は市内の緑、大光寺入口の生家跡に建てた。
 題字は大蔵大臣、池田茂彬。撰文は木下謙次朗である。
 この碑は昭和53年(1978)、現在の手賀沼公園へ移された。

 我孫子市史より


田口静先生説明文

田口静先生について

田口静先生銅像

田口静先生銅像
私が、生まれた時からの主治医であり、医院の少ない湖北村時代でしたので、どんな病気でも診察していただきました。
今日の散策行程
 今日は、湖北駅→中野治房邸→田口静先生銅像→日秀観音→葺不合神社→気象庁送信所跡公園を散策。約3.5辧¬鵤瓜間ののんびり行程

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM