手賀沼遊歩道桜ライトアップ

mizunoyakata1.jpg
 手賀沼遊歩道の水の館に面した約80M程の間を、日没から午後9時迄桜並木を
ライトアップされています。
 昨日は、孫を連れ見に行ってきました。午後8過ぎでしたので人ではあまりあり
ませんでしたが大変綺麗でした。孫も大喜びではしゃいでおりました。
mizunoyakata2.jpg
 並木から見た手賀大橋です。今日はあいにくの天気ですが、明日は回復するよう
ですので是非お出かけになっては如何でしょうか。
 車は水の館の駐車場が利用できました。

ぎんなん

このいちょうの木は、市内古戸地区にある稲荷神社にあるもので、樹齢や種類は不明です。

境内には、雄雌の木があり実を付けるのは当然雌木で、市内には実を付ける巨木が沢山有ります。

別名銀杏ともよばれておりますが、いちょうは木そのもので、銀杏とは実をいうそうです。

銀杏には種類が有り、金兵衛(きんべえ)・早生種、久寿(きゅうじゅ)・中世種、藤九郎(とうくろう)・晩生、栄神(えいしん)中世種がある。

又、銀杏には薬用効果もありますが、食べ過ぎると痙攣などの中毒が起きることがあるそうですから気をつけましょう。
ぎんなん1.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ぎんなん2.gif

立秋

栗の実も大分大きくなり収穫も間近
栗.gif
 立秋と聞くと、今日から秋で涼しくなると思いますが、本当は今日が一番暑く、これから少しずつ気温が下がっていくそうです。

 暑中お見舞い申し上げますも今日からは、残暑お見舞い申し上げますに変わる日だそうで・・・。

 テレビもラジオも同じ事を繰り返しておりますね。

 また、立秋時期は暑くて当然だそうです。この時期が年間で一番暑い時なので立秋という名前がつけられたのようです。

 立秋という言葉は「秋気立つ」から来ていて、この時期から秋の気配が少しずつ現れ始めるという意味との事とか。

 
 我孫子では、まだコスモスの花は見受けられませんが、たまたま咲いてるお宅がありました。
コスモスも秋の季語ですが、我孫子では9月〜10月ですね。
コスモス.gif

我孫子の自然

毎朝ウオーキングしているコースで、湖北駅から利根川方面へ徒歩20分くらいの所の景色ですが、池ではなく5月5日に撮影した田植え前の田圃です。 とっても綺麗ですよ。この写真は携帯電話で写したものなので迫力がありませんがご勘弁下さい。 

nakbyo1.gif

下の写真が現在の姿で田圃の稲も現在はすっかり生長し、稲刈りをまってます。
nakbyo2.gif

この田圃を左手に見て山裾の道を上がって行くと,涼しい風が汗をかいた体にすがしさをあてえてくれます。

nakbyo3.gif

さらに上がっていくと、雑木林がありとても良い気分にしてくれます。まだこの場所は自然があり、何時までも残っていて欲しいですね。
nakbyo5.gif


稲穂

稲穂.gif

暑い日が毎日続いていますが、昨日と今朝は幾分涼しかったですね。

今朝、ウォーキングの時携帯のカメラで写した稲穂です。

一年も年をとるごとに早いもので、田植えが終わり稲も大分生長し
穂がもう出てきました。

あと、一ヶ月もすると収穫で新米が食べられますね。

米が出来るまでの「三谷いしがき棚田会」の楽しく解説されているHPがありましたのでご覧下さい。

さくら開花

 今年もさくら開花の便りがやってきました。
 
 

 今朝のニュースでも東京でも開花が確認されたとか。

 今日、11時頃我孫子市役所に用事があり、ついでに市議会議事堂の裏の駐車場で

   開花を見る事が出来ました。

 これからは、毎日桜の便りでにぎあう事でしょうね。

 来月の上旬には市内のいたるところでお花見ができるでしょう。

 なんとなく心がうきうきします。
25.3.26sakura.2.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
25.3.26sakura.1.gif


我孫子市クリーンセンター

 今月の12日に我孫子市クリーセンターにて、「我孫子市廃棄物基本問題調査会」の委員会が行われ出席してきました。


 現在の焼却施設は昭和48年に竣工、破砕施設は昭和52年に竣工してそれぞれ40年と36年を経過し老朽化した施設となりました。


 焼却施設は平成19年に実施した焼却施設精密検査をした結果、平成24年度から7〜10年程度耐用出来ることが確認出来たそうです。


 新しく焼却施設と破砕施設の建設には約80億円程度の資金が必要との事でした。

国や県等からの補助金はあるそうですが大変な金額であり、市民としては出来るだけゴミの排出は最小限に留めるよう努力しなければなりませんね。

焼却炉の二基のうち、一基が保守点検のため一基創業のため、こんなに溜まってしまいました。写真の左柱側がゴミを廃棄する場所ですが、車の進入する処までゴミの山。

ゴミ1.gif

手作業で布と綿とを分離しています。再資源するのにも大変な事です。
ゴミ.gif

ここに積まれた布団は、縫い目が細かいため廃棄処分となってしまう。
ゴミ3.gif

回収された衣服です。日本製品は織り方がよいので、使える物は東南アジア方面へ送られるとの事。 但し、布製品は必ず天気が良いときにステーションへ置いてもらいたいとの事。雨に濡れてしまうと製品として使えなくなってしまうそうです。
ゴミ4.gif

最後にクリーンセンターより報告された過去3年間のゴミのデーターです。
ごみ統計.gif
 このデーターには災害廃棄物を除いた数字です。

 数字を見ただけではちょっと見当もつきません。


つるしびな

 2009年にもご紹介しましたが、今年も旧村川別荘で開催されている「ひなのまつり」をご紹介致します。


つるしびなとは・・・・・


 発祥は江戸時代と言われ、当時、一般家庭において、ひな人形は高価なものでした。


 生まれてきた子供たちに「幸せになってほしい」願いを形にしたいと、周りの人たちが、少しずつ作成し、持ち寄ってつるしました。


 これが「つるしびな」の始まりです。

ひとびとの想いが詰まった雛人形は、世代を超え現代にも受け継がれています。

                 ひなのまつり説明文より



村川つるし雛1.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
村川つるし雛2.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
村川つるし雛3.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
村川つるし雛.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
村川つるし雛4.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
村川つるし雛5.gif


梅の花

梅の花1.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
梅の花2.gif

市内の古戸地区で民家の庭に咲く梅の花を見ることが出来ました。

まだ、市内ではみかけません。今年は例年より遅いのでしょうかね。

この時期の景色は殺風景ですが、花が咲くととっても心が和みます。

もう、春はそこまできてますが、明日の降雪はなくなったようです。ほっとします。

今年はもう、2回ほど雪かきをして疲れました。

田んぼの氷

 昨日、ウォーキング中に陽のあたらない田んぼに綺麗な模様をした薄氷を見かけました。
 
中々の造形美でしたのでシャッターを切りましたので、ご覧下さい。

自然ってたいしたものですね。
田んぼ氷1.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
田んぼ氷2.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
田んぼ氷3.gif
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
田んぼ氷4.gif

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM